こんにちは

 

タモさんです。
こちらは美容師向けの発信です。お客様が見ても意味わからないと思うので、興味がある方は見てみてください。

活性ケラチン情報はフェイスブックで【保宗貴】で検索すると僕が出てくるので、友達申請すると色々情報載せてます。写真クリックでページに飛びます。

こちらクリックで僕のフェイスブックに飛びますよん。

その他アイテムが必要な方はこちらの【タモサイト】っていうグループで提供しています。写真クリックでページに飛びます

その他更に詳しい情報は【ケミカレーショングループ】で情報提供しています。写真クリックでページに飛びます

 

 

髪質改善と縮毛矯正の基礎の基礎の理解。
【基礎の基礎の考え方。これ超重要。物事を簡単に考えてみるってやつ】①

数式とか出しませんよ。化学反応も抜きにします。まずは、、。

【髪の毛の反応っていうか、、、成分の反応の大まかな3大要素をわかりやすく。】

【3大要素】ってことで非常にわかりやすく3個にまとめてみました。
____________________

①アルカリ、酸の反応。※ざっくり

・アルカリ寄り・・・・柔らかくなる。浸透する。
・酸寄り・・・・硬くなる。固定化する。

※アルカリ度酸度は【濃度】phは数値。

②還元、酸化の反応。※ざっくり

・還元・・・・結合が離れる。
・酸化・・・・結合する。

※還元=アルカリじゃないですよ。酸化=酸性じゃないですよ。これ全く別物ですからね。一緒に考えている人多数。といいますか、、アルカリ反応を還元反応と間違えている。又は酸性の反応を酸化反応と間違えている。
これ【触った時の反応】ですね。
【軟化チェック】と【還元チェック】は別。
【硬化チェック】と【酸化チェック】は別。

これ【美容師人生でここが、わからないまま美容師人生終わる人多数】まあ、それもよし。

③脱水、含水の反応。※ざっくり

・水を含むと・・・柔らかくなる。浸透する。
・水がないと・・・硬くなる。固定化する。
__________________

【柔らかくなる。硬くなる】
【柔軟化する。固定化する】
【結合する。結合が外れる】

これですよ。わかりやすく言うと。

 _________________________________

【基礎の基礎の考え方。これ超重要。物事を簡単に考えてみるってやつ】②

さっきのわかりやすくないですか?
まずに最初に戻ってみましょうね。
はい、、、では【次】

【縮毛矯正をわかりやすく】文字にしてみると、、

その前にさっきの投稿まず理解してくださいね。
_______________

【水を含ませてアルカリ成分でphをアルカリに寄せて毛を柔らかくして、還元剤で結合を切る。】

ここOKですか?はい、、、次。

【柔らかい状態は毛が繊細な状態。毛が繊細な状態で高熱を与えると、毛が劣化しやすいので、、酸でphを下げて毛を硬くしておく】

はい。。ちょっと難しいですね。でもわかりやすくないですか?繊細な状態で高熱で作業すると髪が傷むってやつ。だから硬くして強化してから高熱作業をしましょうね。ってこと。

大丈夫ですか??ここまで。

はい、、、次。

【水が含まれてると成分が固まらないので、、、水を抜く。水を抜くと硬くなって毛は硬化する。】

一回ドライしてアイロンしますよね?
毛って濡れてると柔らかいでしょ?乾くと硬いでしょ?
当たり前だけど【ちょっと当たり前をしっかり理解】してみてください。

はい、、、次。

【酸化させて成分を結合させる】

更に難しくなってきましたね、、、。酸性と酸化は別物ですよ。酸化は酸化剤で【酸素を発生させて酸素をくっつけることで結合させる】ことです。

難しいですか??ここはちょっと深く掘りますね。

アルカリと過酸化水素を反応させると【過酸化水素から酸素を発生させます】この酸素が【結合】させるわけ。これが酸化。

ってことは、、、【phが酸性の状態でアルカリがないと酸化の効果は弱い】のですね。アルカリが残留してないと、、酸素の発生量が低い=結合性が低い。ってことです。

【反応はどうやって確認するの??】

なのですが、、、【アルカリと過酸化水素が反応すると発熱する】わけですね。塗って少し温かくなれば反応してますよ。スゲー熱いってなると濃すぎですね。温かくなる程度がベスト。

大丈夫ですか??ハイ次。

【最後にphを落として更に固定化、硬化をしておく】

最後にバッファー剤で更に硬化させるってことです。

これで【つやつやきゅっきゅ】している状態です。

最後の最後に質感調整。

これが縮毛矯正の反応です。

_________________________________

【ここまで大丈夫ですか??】
なるべくわかりやすくざっくり説明してみました。

ハイ次。

【基礎の基礎の考え方。これ超重要。物事を簡単に考えてみるってやつ】③

じゃあ今流行している【酸熱トリートメントってどこで使うの??】

さっきの投稿で【酸の役割】ってわかりましたか??
【硬くする。固定化する】ってところです。

だから、、、さっきの投稿で酸の役割のところありましたよね???【ここで使えや!!!!】ってことです。

トリートメントってことでやってるから逆にわかりにくいのですよ。酸ですよ。酸!!!!別に特別なことじゃないじゃん。昔から使ってんじゃん。酸なんて。

別になんでもいいの!!!クエン酸でもセラックでも!!

【酸別に比較】って違うでしょうよ!!!ってこと。

【この酸がいいよね。この酸あんまだよね。】ってやってますでしょ??いやいや、、、違うから。

【酸によって特徴は多少違うけど、、全部良い。っていうか全部混ぜて使えるでしょ??】ってやつ。

○○酸も○○酸も○○酸も【酸の一種】別に比較しないで、一緒に使えるでしょ??ってこと、、。

で、、比較対象で【アルカリと酸を比較】、、、、。いやいや、、、アルカリ成分と酸比較してどないすんねん!!!

別物やろ!っていうか【アルカリと酸は流れの中で双方使うもんやで!!!!】ってことです。

なんで別軸に比較してんの?意味わかんない。

酸もアルカリも反応の一種で【双方大事で、双方必要やろが!!】

ヘアケアすんなら、、

先ほどの【特徴】っていうか【成分の反応の基礎】があるわけですよ、、、で成分は【アルカリ側で使用する物】【酸側で使用する物】っつーのがあるの!!

だから両方必要なの!!

話それましたわ、、、

 

___________________________________

【タモさんなんでマニュアル作ったの?】

で、、、ここに繋がるんですよね。

さっきのまでの投稿見ました?見てみてくださいね。

スゲーわかりやすく書いたんですけど。でもですよ、、、でもね。

【実質問題として、、、これでも頭で理解してもピンとこない】わけですよ。そうじゃないですか??

【なんとなく分かったけど、、、】

ってところですよね??アシスタントに教えても【同じ反応】しますよ。よくわかります。

で、、、大事なのは【なるほど!!!こういうことか!!】

ってところまで【持ってくのが僕の仕事】なわけですよ。文章に書くのはできるわけ。でもそれだけだと【腑に落ちない】

なんていうか【ピンとこない】のですよ。

なので【実際に反応を感じる】のが大事。【体で5感で身につける】必要があるんです。【頭でなくて感じないと駄目】なんすよ。

で、、、じゃあ、、、その【反応を5感で感じる為には?】

ってことで【マニュアルを作成した】わけですね。

超親切。自分でいうのもなんですけどね。

【マニュアル通りに作業を行うと】

【簡単にできる】が【目的じゃない】ですよ。

簡単に艶髪出来るようにするために【マニュアルを作成したわけじゃない】ですから、、。

【マニュアルを通して反応を5感で感じてもらうことで、理解がしやすい】ってことなんです。

なので【感じやすいように、反応性がダイレクトなマニュアルを作成した】ってこと。ここが重要なんです。

じゃないと【型は覚えたけど、理解してない】状況だから。これだと【応用が利かない】のですよ。

【頭で理解して、5感で成分と髪の反応性を体に刻む。】

ってこと。

【あ、、、phが上がるとこういうことね】

【なるほど、、、酸性の成分ってこういった反応あるんだ】

【還元させると髪はこうなるのね、、】

【酸化ってこいいうことか、、】

【軟化や硬化ってこういうことね、、】

【軟化状態で高熱はこうなっちゃうんだ、、】

【髪に水が含まれてると、、、柔らかい。脱水させると、、髪もかたまるし、、、成分もかたまるんだ、、】

っていうのを【5感で感じてもらう】わけ。

その為に【マニュアル】なわけですよ。

僕がやりたいのは【簡単に艶髪を作る為だけじゃない】

本当にやりたいことは【理解をスムーズに行うために合理的にする】こと。

これが僕のマニュアルです。

スゲー考えてますでしょ???

これならどうよ?

ドヤ顔。
_______________________________

はい。じゃあ次。

【アイロントリートメントはウェット施術?ドライ施術?】

こんな感じで僕打ち込み早いんですけど、、そのうち適当に読んどいてください。グループではカテゴリー別で発信が残るようにしておきますね。

この話題も出てきますよね??
アイロントリートメント流行ってるけど、、、縮毛矯正と同じように少し濡らしとくの??ってやつ。

はいはい。わかります。おそらくアイロントリートメントが流行ってきているから悩んでいる頃でしょうか??

縮毛矯正とアイロントリートメントでは【熱与える意味が違う】のですよ。

もっと細かく言うのであれば【還元剤に熱を与える理由と、トリートメントに熱を与える理由は違う】ってこと。

先ほどの投稿で【含水】の分野見ておいてくださいね。

【水を含むと柔らかい】【乾くと固定】です。

まずは【還元剤】

毛が水を含んでいると【柔らかい】です。成分は【固定化されてない状態】ですね。

で、、還元剤が残留している状態で【乾くと】、、【固定化】なんですね。もっとわかりやすく言うと

【濡れていると還元作用はある】

【乾いていると還元作用はない】

っていうとわかりやすいですか??

だから【癖が残っている場合や、還元を効かせたい場合は水分を残しておくことで還元が進む】

【濡れている状態で高温を当てると更に還元が進む】わけですね。

だから【癖が残っていれば当然水を含んでいる方がいい】のですけど、、、逆に【濡れていると還元が進むから、、ダメージ要因にもなる。ので、、癖がないまたは還元を進ませないのであれば、乾かして施術】ってことです。

今度は、、、アイロントリートメント。

これは【還元を含まないもの、または超微還元の場合】は、、

ここで熱を与えるのは【完全に脱水させて、高熱を与えることで成分の固定化をする】ってことです。意味あいが違うんですよ。

なのでわかりやすく言うのであれば、、

還元剤を含まない【ケア方向でアイロンを使用する場合】は【一度全部乾かしてからの方がダメージが少ない】のですね。で、、【追い打ちをかける意味合いでアイロンを使う】ってことです。

【ストレート、矯正とアイロントリートメントでは意味合いが違う】

です。

ご参考にどうぞ。

_______________________________
最後に、、、、。

【美容師人口の0.1%が理解できても業界の知識の底上げにはならない】

これ、、僕の情報あてにしてる方って【超超極少】です。

【相当熱心で、、稀な人材】なわけですね。この方達って熱心なんで【ついて来れる】んですよ。

超熱心だから。で、、、この方達って【個人としては当たり前のように売れっ子である】わけ。

そもそも希少な存在でここまでやりこまないから99%の美容師は。だから1%に入ってるんで、そもそも成功してるわけ。個人では。

【大事なのは末端部までの落とし込み】ですよね?

【自分はわかったけど、周りは理解できない】わけ。よくわかります。

それを【相手がやる気ねぇな!!】って切り捨てちゃダメ。

僕達おっさん美容師は【業界の中核を担う存在】です。

【未来を作るのがおっさん美容師の務め】じゃん。

だから、、、【これ見る人たちはわかる】と思いますよ。でも、、、僕が見ているのは【皆さんじゃない】です。

【皆さんがどうやって周りに伝える】のか?です。投稿見ている熱心な方はわかるけど、、、【皆さんは伝える立場なわけ】でしょ?だから、、、そこを意識してやんないと先に進まないわけですよ。

複雑でも皆さんはついて来れる。でも99%【ついて来れない】ですからね。

じゃあどうするの?ってことで僕は考えているわけです。

カットだってそうじゃないですか??

基礎のカットのマニュアルって【型の習得】が目的じゃないですよ。

【型を作業することで神髄の理解をする】のが目的です。

これが【習得】に繋がり【応用】が出来る状態になりますでしょ。

他のも同じですよ。その為のマニュアルなんだから。

【タモサイト推奨のアイテムじゃないと良い感じにストレートをかけれないの?】

はいはい。これも皆さん思うことだと思います。

【答えはNO】

ストレートパーマ、デジ、パーマってありますが、使用する業務用商材は別にこれじゃなきゃいい感じにならないとかってないですよ。

グループでは推奨はしませんが、色々な商材がありますからね。

僕はグループで推奨するものは決めてますけど、、なぜか?って、、【なんだわざわざ人の商品勧めなきゃならんの?】って至極普通の答えなんですけどね。

ミルボ〇の営業マンが資〇堂の情報サイトでミルボ〇の情報だしますか?って話ですね。

ミルボ〇の営業マンが資〇堂の情報サイトでミルボ〇のコレがいいですよ!!ってやりますか?

しないですよね。

ミルボ〇の技術講師として色々展開している方に【資〇堂のこの商品どう使えばいいんですか?】

っていったとしますよね。

ミルボ〇の講師とすれば【知らんがな】って話かと思います。

で、、実際【なんでもいいのですよね。なんでもよくて別にそれが良いのであればそれでいい】わけだけど。

僕のグループは【僕の推奨で出来ている】わけですね。なので、僕が推奨する以外の商品に関して質問されても困るし。またメーカー側からすればその商品の全容を全て理解していない僕からの説明ってわりとあやふやですから。

で、、、更には【なんでもいいとは思ってるんだけど、それはこのグループで発信する内容じゃないよね?】ってこともあったりします。なのでそういう時は【それうちのグループでやる内容じゃないでしょ】って思うわけですね。

その商材作ったところのグループでやればいいじゃん。と。
またはその商材を作った人が説明すればいいじゃん。と。

僕は非常に豆なので、こんな感じで発信はするのですが、、メーカーによっては【発信が甘いよね】っていうのもある。

僕と関係しているところで、色々サポートしたところに関しては僕が代わりに良い感じに記事を書いておくこともあるけど、、それ【本来僕の仕事じゃないよね?】ってところ。

頑張っている人に関しては【なにかサポートしてあげたい】ってことで出来ることはやるけれど、、【依存されても困る】と思うんです。最後は【自分で発信力を磨きましょうね】ってやつ。じゃないと僕がいつまでもサポートをしないといけなくなる。それっておかしい。

今度は【僕がサポートしなくなった】ってなると【次のサポーターを探す】ってやつ。

うーん。そう来るか。っていうか【ベースは一人で頑張ろうよ】ってとこ。その中でコラボすればいいけど。よりかかり合いみたいなことしてもなんもそこに価値は生まれないのでは?とも思ったりもするけど。まあ別によし。

話はそれましたが、例えばストレートであれば先日投稿した成分と毛の反応の【三大重要要素】が基礎で。これが最も大事。

で、この要素を上手く活用っていうのは【どんな商材でも扱う人によって上手くできる】わけですよ。なのでなんでもいいっちゃ何でもいい。別にタモサイトでも推奨でもなくてもそんなの選ぶの自分だからなんでもいいわけです。

ただし、それを【僕の労力ではやらない】ってだけ。

だって、色々お手伝いをしていると、それがその人本来の力でなくて、僕の力で色々なことが動いちゃう。それっていい意味でも割る意味でもあるって気が付いたんですね。

仮にメーカーであれば【自身の力で】がベースだし、そうあるべきだと思う。

そんなこんなで色々考え方が変わりあんまりメーカーとは深く付き合わないほうがお互い良いんだな。ってところ。

【こっちをたてるとこっちが立たん】

良くある話。

発信に関しては、僕は当たり前だけど、、僕が作ったものは一生懸命説明し、フォローし、情報提供に心がけてます。
ありがたいことに、僕の商品をお勧めしてくれる方も多いけど、、、それに【甘んじるのは違う】って思ってます。

仮に僕が発信しないで【人の発信だけでうまくやってたらどう思いますか?】

【お前の商品の活用法位お前が発信しろよ】って思いませんか?僕は思いますね。

なので【誰よりも自分の商品の発信をする】

【周りのありがたいおススメ投稿に甘んじない】と決めています。

___________________

グループでの発信は僕は色々絞るけど、、。

最終的に選ぶ本人が決めればいいし、メーカーも各々の展開方法で頑張ればいいんじゃないの?

ただしメーカーやっているのであれば【まずは自分で】が基本ですね。