こんにちは

東京都東村山市久米川駅徒歩5分、八坂駅徒歩1分地下でひっそり営業をしている美容院。

艶髪欲しい方にオススメ、こだわり派に人気の美容室URBANCRAFT(アーバンクラフト)

東京都多摩地区で縮毛矯正、デジタルパーマ、艶髪を得意とします。

保です。

クローダジャパン株式会社 ケラテック IFP-HMW  超 高分子ケラチン 活性型ケラチン 生ケラチン スルフォン化ケラチン スルホン化ケラチン スルホケラチン と呼ばれたりしています。

こちらから研究用サンプルを注文できます。

その他至極のアイテムを複数取り揃えている日本有数のマニアックサイトです。

完全プロ用のアイテムになります。パスワード発行はこちからから直接メッセージをお願いします。

ミルボン社のCMADK(カルボキシメチルジスルフィドケラチン)、リトルサイエンティスト社のアミノエチルジスルフィドケラチンの「リケラ」も似たようなものですね。

 

活性型の生ケラチンになります。
ほぼ生ケラチンという感じでケラチン類最強だと私は思っています。
ケラチン中のシスチン部分がS-スルフォン化システインとなっているので、そのS-スルフォン化システインが毛髪ケラチン中のシスチンから生成するS-スルフォン化システインと反応してジスルフィド結合を行います。

ちょっと難しいですね。

髪の毛にパーマ液の1液をつけると髪の毛のたんぱく質のシスチン結合が切れます。

でなんやかんや やりまして 2液つけると酸化して髪の毛のたんぱく質のシスチン結合が戻ります。

もうちょっと細かく話すと、、、。

たんぱく質はアミノ酸の結合体になってます。そのアミノ酸の中のシスチンが還元剤で分離します。

シスチンがシスティン システィン に分離します。

で、、、なんやかんやで酸化させるとまたシスチンに戻ります。

ほぼ生ケラチンのケラテック IFP-HMW はこのケラチンタンパク質のシスチンがシスティンになっているだけです。

生ケラチンなので分子量は大きくあまり内部には浸透しません。むしろ表面のみに作用します。

で、、、、髪の毛にパーマ液の1液つけると 髪の毛のタンパク質のシスチン結合がきれてシスティンシスティンになっています。

片方のシスティンはたんぱく質側に引っ付いています。

で、、もう片方のシスティンはフラフラさまよっています。

で、、、酸化させるとたんぱく質側のシスティンとフラフラしているシスティンが引っ付いてたんぱく質に戻ります。

この前にたんぱく質側のシスティンとケラテックIFP-HMW のほぼ生ケラチンであるたんぱく質のシスティンが酸化の工程でジスルフィド結合をします。簡単に言うと引っ付いて髪の毛のたんぱく質と同化します。

ケラテックIFP-HMWはスルホン化ケラチン、スルフォン化ケラチン、スルフォン化システィンを有するケラチンとかって呼ばれます。

同化です。イオン結合とかそういった緩い結合ではなく同化です。

簡単にいうとケラテックIFP-HMWが同化し髪の毛になります。同化したケラチンは可逆性を有します。

可逆性とはまたアルカリ、酸でひっついたり、くっついたり反応性があるってことです。元に戻せるしいじれるわけです。

まあ、髪の毛になるので最強です。

活性型の生ケラチンなので非常に繊細です。アニオン調整されてます。中性からアルカリ寄りで使用すると良いです。


ケラテックIFP-HMWを使用し簡単な調整剤を使用した例。

ケラテックIFP-HMW10%の希釈水で使用します。

A 還元型トリートメント
1 まずは髪の毛の表面を還元させます。
アルカリで浸透させる必要はないので酸性チオ(WECOBASE酸チオ)又はサルファイト(MAGOアイテムオウロトリートメント)、Wで髪の毛の表面のたんぱく質をシスティン化させます。しっかりと流してフラフラしている帳面のシスティンも流しちゃいます。還元時間は1~5分。

2 ケラテックIFP-HMW10%をスプレーします。

3 パーマ液の2液を塗布します。酸化時間は10分

以上です。
髪の毛表面の失われたたんぱく質を補充します。ほぼほぼ髪の毛になります。フラフラしているシスティンが多いとそちらとくっつきますのでシスティン系のアイテムは使用しないほうが良いです。

B 酸性カラーを使ったコンプレックスによる色素定着率のUPと還元トリートメント
1 表面還元
2 中間水洗
3 2 ケラテックIFP-HMW10%
4 酸性カラー放置
5 さらに酸化
先に髪の毛をアルカリに寄せ、マイナスイオンの状態にし酸性カラーをつけることでイオン定着がアップします。かつ酸化作用でケラテックIFP-HMW10%が定着します。

C 縮毛矯正、デジタルパーマ
中間水洗後、熱処理前にケラテックIFP-HMW10%。脱水縮合、酸化で更に強力に吸着します。
以上が基本的な使用方法


ここからはケラテックIFP-HMWを使った溶剤調整法の一例

ケラテックIFP-HMWはそのままですと割と使いづらいです。軋んだり、櫛通りが悪くなっったりします。なのでちょっとした調合例を記載します。

A ケラテックのキシミを扱いやすく
・ケラテックIFP-HMW 10%
・ネオソリューアクリオ 5%
・リピジュア 2%
・ph調整(アルギニン、モノエタノールアミン) 
リピジュアは保湿力が高く、シリコンのように滑りを良くします。アクリオはたんぱく質を抱え込み浸透力をあげます。出来るだけ高分子のケラテックIFP-HMWを内部の方に食い込ませるために使用します。また櫛通りも良くなります。ph調整は溶剤をアルカリに寄せておかないと溶剤が安定しないので安定させるために使用します。
B イオン性の高分子ケラチン、ヒート系たんぱく質、硬化剤を追加
ケラテックIFP-HMW 
プリティーキュート 

こちら情報

各種ヒート系たんぱく質(プロモイス) 
こちら情報

エタノール
ph調整(アルギニン、モノエタノールアミン)
水添ひまし油
C 更に脂質や糖質、乳化安定剤、界面活性剤などを追加
糖質 ベタイン、グルコース、ヒアルロン酸、キトサン
乳化安定剤 セタノール、フィトコンポ
など、、、
D 更に抗酸化剤、各種美容成分の追加etc,,,


ケラテックIFP-HMWはアニオン性になり、カチオン性とでイオンコンプレックスをします。
カチオンキトサン、カチオンたんぱく質、カチオン化セルロースetc,,,,


このようにこだわればどんどん広がり、内容は深まっていきます。
お好みの溶剤に調整、または仕上がりアイテムに追加するなど、、、。
あくまで研究の参考にどうぞ。