こんにちは

東京都東村山市久米川駅徒歩五分、八坂駅徒歩一分の地下でこそこそ営業中の美容院。

こだわり派の口コミで人気の美容室URBANCRAFT(アーバンクラフト)保です。

活性ケラチンの質問がなぜか私に結構きたので一応お答えしときます。

毎回言いますが、私そんなに科学的知識はないです。ただ「実際試してみて」というのがあります。「基本自分でやらないと信用できない」と、、、疑り深い人間です。
活性ケラチンの研究用サンプルはこちらで入手できます。

パスワード発行はこちらでメッセージをお願いします。

 

今回は活性型のケラチンの話なんですが、いわゆるPPTってありますね?まあ、つければ「キュッとしたり、ハリ・コシでたり」して便利なんです。パーマなんかもクリっとしたり、、、、まあ、でも「見えない」ので正直の所よくわかりません。私は「とりあえず」的な要素でつけます。ただ「ヒートアクティブ型のタンパク質」は結果が分かりやすいかと思います。「触った感じが違う」

あとは最近では還元型トリートメントとかいうのもあるかと思いますが、私、基本原料から調べるののと「原料の裏側」もある程度知っている人間なので、「商品化」した「商材」はあんまり過度の期待はしていません。「研究」と「商品」は違うんで、、、「いい成分」が「極めて有効濃度」入ってるとは限らないと思ってます。むしろ「最新の成分を極めて有効濃度配合」なんて、、、まあないかなと思ってたりしまして、、、。まあ結局は「シリコン」ってことで。みたいな。

商品化しているので「これ効くなー」と思った処理剤は「タマミルク」「エアストレートシステムの処理剤」位かも知れないです。私はですが。皆さんはどうかしりませんが。

クローダ社のケラテック位です。なのでこっちの勉強の必要性を感じたんです。

で、、、「還元型トリートメント」ってことは酸性で「何かしらの結果」が出るはずなんですが。まあ、正直な所わかりません。見えないし。「効くって言えば効くのかなー」みたいな。まあ、知りません。見えないので。

で、、、先程も記事にしましたが「還元型活性ケラチンによるミックスジスルフィド」を「逆移行型還元方法」を利用してって言うやつ。

まあ、、、難しいと思いますが、

分かりやすく視覚に訴えかけてみます。

下記は活性型のケラチン。クローダ社のKERATEC IFP-HMW(ケラテック IFP-HMW)です。

久米川駅、八坂駅、美容室、美容院、口コミで人気、メンズ歓迎

透明の液体です。

で下記も透明の液体。酸性の溶剤です。

久米川駅、八坂駅、美容室、美容院、口コミで人気、メンズ歓迎

で酸性の透明の溶剤を、さっきの透明の活性型のアルカリつけしたやつなんですが、、、これに入れるんですね。

そうすると、、、、、

こんな疎水性の膜が出来るんですね。よくわからないですが、こんな膜が出来るんですよ。

で混ぜて水足しても全く溶けない。でガチャガチャやるんですよ。

こんな感じです。

これを集めてみると「繊維状の何か」

が、、、集まるんですね。ちん○スみたいな何かが出来るんですね。

で、、、、今度はですね。強アルカリの水を入れるんです。そうするとですね、、、、

久米川駅、八坂駅、美容室、美容院、口コミで人気、メンズ歓迎

、、、、消えました。と言いますか溶けました。

で、、、要はこのケラチンは分子が非常に大きく健康毛には入らない。もうちょっと小さくすれば「ダメージ毛の中には入り込むであろう」的なことなんです。

で、、、、面白いので実験すればわかると思いますが「漬け込みすぎると酸性溶剤つけても反応しない」みたいな。

活性を失い単なる「加水分解ケラチン」になるということです。ミルボン社の「CMADK」 S─カルボキシメチルアラニル. ジスルフィドケラチン、、、長いですが、、、まあ、活性ケラチンを少し低分子化させたってやつですが、、、低分子化させたまま商品化出来ないはずなんですよね。恐らく活性は失われてるのかな??まあ、とくに驚くような結果はでませんでしたが、、商品化してるやつは。

リトルサイエンティストのリケラ。成分名はアミノエチルジスルフィドケラチン?ながいな、、まあ、生ケラに毛が生えたようなやつかな、、、わからんけど。

なのでコレのもう少し小さい分子のは「廃盤」してないんですね。でもっと小さいやつ。もあったりなかったりするようですが、「それ加水分解ケラチンじゃね?」みたいに思ったりして。まあ、低分子活性ケラチン原料使ったことないからわかりませんが、、、もしそうであれば「酸性溶剤で繊維」作るはずなんですよね。。。。。

ということなんですね。

割りと世の中には「酸性で凝集」的なものもあるんですが、、、、まあ、試したんですよ。で、、、「目に見えるやつ」ってあんまりないのですね。そりゃそうですが。でも100%の原料で「目に見えない」のであったら「それを薄めてあるヤツ」ってどうなのかなと思ったりしてます。私はですが。「タンニン」はちなみに「はっきりと目に見える結果」がでました。やはり先生の商材は「ガチ」なんですね。

なので「実際にお手持ちの酸性溶剤で効いてくるってやつ」実際にクエン酸ふっかけて見て下さい。

それが「何かしらの結果」がでるのであればいいし。出ないのであれば「違うんじゃないの」って考えればいいかと思います。

私は「実際やってみて」でないとわからないんで。でやってみて「よくわかんない」やつは勿論使いません。

とりあえずお手持ちのものにクエン酸ふってみて確認したほうが良いと思います。

それではまた明日